立ち止まって水を飲む

たそがれ心情記 他 ときどき猫

謎の生物を見た

昨日、見たことがない生きものを神社で見た。

日課のウォーキングの途中。

 

左目の左端に物体が「ささっ」と動いた。

とっさに 「のらちゃん!」 小さい声で呼んだ。独り言。

 

大きい声をだせば 回りにすぐ響く。

夜の町はちょっとした音が響く。

よってとたんに不審者あつかいになる。すぐ通報される。

 

なんとしても毅然とした顔で歩く。堂々と歩くようにする。

胸をはる。大股だ。自分は今ウォーキングをしているぞ。と・・・

 

「なんだこれ!」

「だれにたいしてだ!」

「すぐ不審者にするんじゃないよ」

 

のらねこと思い  ちょっと   独り言を遠慮がちに放った

だけなのに・・・・

 

とにかく、ねこでもない

 

きつねでもない

 

f:id:norasiro:20170720014527p:plain

 

イタチ? 一番近いかも。

 

動きがのらねこのそれじゃない

 

ふりむきもしない

 

そそくさ逃げて 木に登った。

 

体の模様は  ねこの  キジ模様。

 

重心を低くして  一直線に 木に登った。

 

ペットとして飼われていたものが、何らかの理由で飼えなくなり手放したんだろう。

 

のらイタチになってしまったんだろう。

 

飼われていたイタチにしてみれば、たまったもんじゃない。

 

毎日、えさをもらっていただろう。

 

水も器に入れてもらっていただろう。

 

のらとなった  のらイタチはひもじい思いをするだろう。

 

毎日、同じ所、同じ時間にひょっこり現れたなら

えさをあげたい。

 

どうせ、みんな見て見ぬふりをするんだろうから・・・

 

自分があげる。

 

 

のらイタチ現れろ!

 

のらイタチ生きて行け!

 

サポートは自分がやる。

 

姿を見せてくれ!

 

 

その後のことはまた今度に・・・

 

 

 

 

 

 

//トップに戻るレンジの設定