立ち止まって水を飲む

たそがれ心情記 他 ときどき猫

そのランナーとその男2 フィクション

エントリーを決めてから、約一年間。久しぶりに練習を再開した。体は重く、なまりきっていた。初めは、ジョギングから再開して そのうち、自分でメニューを作り、1人で練習をこなしていった。

f:id:norasiro:20170808143530j:plain

 

3か月を過ぎたころ、幼馴染{その男}からメールがきた。

「協力したいんだけど・・・」

ランナーは少し考えたが

「ほんとに?・・・」「よろしく・・・」

 

 

ここから、二人三脚の練習が始まった。以前、ばあちゃんとふたりで練習していたことを思い出す。

「きっと、ばあちゃんがめぐり合わせてくれたんだ」

はりあいが生まれ ふたりには信頼感がます。

 

約8か月のトレーニングでランナーらしい体つきになった。

精悍さも増す。一方、幼馴染は相変わらず腹がひっこまない。

もちろん、走って応援しているわけではなく、水分の差し入れ、ストップウォッチ押し、サプリの提供、などが主だ。

 

それでも十分ランナーにはこころ強かった。はきつぶしたスニーカーは3足になった。

f:id:norasiro:20170808154717j:plain

大会まで1か月になった。{その男}も充実している。いっしょに戦ってきた同志だ。サポート役だけど。幼馴染同志、家庭環境が似てる同志。子供のころから寂しい思いをしてきた同志。年が離れてるんで弟のように思ってきた。

 

一流選手で高校時代からやってきているのをもどかしく、うらやましく、ときには嫉妬をしながら心 通わせて過ごしてきている。

 

やがて、残り10日というときに、{その男}がそのランナーになにやら 箱を手渡した。スニーカーだ。ランナーの好きなオレンジ色だ。「これ・・・」

「なにこれ・・・」

「これはいて走ってくれ・・」

「うんわかった」

ありがとうの言葉はない。心の中ではありがとうだけじゃすまない言葉がちゃんとあった。

f:id:norasiro:20170808143432j:plain

 

「やってやる」「ばあちゃんみててくれ」「勇気をくれ」

ランナーは心の中でつぶやき当日を待った。

 

次回につづく・・・

 

//トップに戻るレンジの設定