立ち止まって水を飲む

たそがれ心情記 他 ときどき猫

駄菓子屋が花火屋になる夏

小学生のころ、家の近くに駄菓子屋があった。授業が終わったら、回りに住んでいる 子供たちが一斉に押し寄せていた。

 

夏場の7、8月間は、花火屋に早変わりする。いつのまにか。

f:id:norasiro:20170811140330j:plain

線香花火、ドラゴン、へび、爆竹、ねずみ花火、あとは忘れた。

 

友達と予算内で選ぶ楽しさがあった。

 

日が暮れたあと、子供同士で集まって何かをするというのは、ワクワク感が相当ある。

アパートの前の共有地でやったな。みんなで。楽しかった。

もう40年以上前のことだけど、つい最近のことのように、思いうかぶ

 

「あの子は どうしてんのかな?」「あいつは 何してんだろ?」

 

セピア色の歴史は、色をそえて大脳皮質にファイルされている。おだやかに・・・

 

ちなみに、駄菓子屋といえば

ムースヨーグルト。オレンジガム。あんこ玉。梅ジャムせんべい。ソースいか。酢いか。ひもつきあめ。くろぼう。スーパーボール。めんこ。とりあえずこんなもん。

 

あんこ玉の当たりは今でもわかる。

統計上、まん丸の形が90%当たることになっている。

当たれば、3倍位の大きさのあんこ玉が食える。

これは、当時の小学生にしたらでかい。

糖分補給できるから。

 

 

夕やけ中

花火をえらぶ

駄菓子屋で

 

またの日を・・・・

//トップに戻るレンジの設定